Only Wine Festival ウンブリアの街

C39C3E4F-2CE2-4CEE-BDD9-FF4BEF3E2B21

「二十歳になるときはイタリアの地で」とあくせくお金を貯めて初めて留学した先はウンブリア州の小さな町でした。

時差ボケのせいで朝早く起きた一日目のイタリア。城壁の外に広がる谷とそこからから上る朝日を見ながら「ここまできたんだ、でもここからだ!」と感動したのを今でも覚えています。

あれから十何年振りか。ウンブリア州の街を訪れました。同じ町ではないけれど、なんだかワクワク懐かしい。

Only Wine Festival

http://www.onlywinefestival.it

F5170B6A-5A8F-40E6-8BAA-E53380C7C292

Città di Castello チッタ・ディ・カステッロという街で行われた40歳以下の若い生産者が参加するA.I.S. (イタリアソムリエ協会)主催の試飲会です。

メインの建物ではイタリア全州、他にはウンブリアコーナー、インターナショナルコーナー、オレンジワインコーナーと分かれていて様々なソムリエによる講習会も開催されていました。

下調べで今回はインターナショナルコーナーとオレンジワインコーナーに絞って試飲することに。

体調が数日前から悪かったため、頑張ったのですが回れたのは14社。

掘り出しワイナリーに今回も出会えたので収穫はありありです👌

26326B83-54C7-41E5-A6B8-17480EF5F440

イタリアのワイナリー

La Biòca – ☆星4.3 (満点5)

ピエモンテ州。去年一度試飲してラベルも可愛く美味しかったワイナリー。コスパがいい。

Fleisa 2016 は樽のスモーキー感が強すぎ。

Barbera d’Alba 2016フルーツ感はあるけれど甘ったるくならずバランス良い可愛いワイン。

Nebbiolo d’Alba Cru 2016はすっごくテロワールが素直に表現されてキレイ。

Barbaresco 2014 はお祝いの時に開けたくなるワイン。育ちがいい深みのある紳士みたいなワイン。

生産者→ 元気なショートカットのぽっちゃりお姉さん。みどりの縁のメガネが可愛い。「私トラクターも運転するのよ!」って。素敵です♪

BAC2D90C-4114-4EBC-ACB5-93AB83AFCE9F

Porta del Vento – ☆星4.5  14ha

シチリア島。オレンジワイン(皮のタンニンを抽出して造られるオレンジ色をした白ブドウから造るワイン)のコーナーで試飲したのですがそこまでオレンジゴリ押しではなかく、エレガントさを残していて良かったです。標高600mで風が強い場所(ワイナリー名が風の扉)でアルベレッロというブドウの木が自立して一本一本立っている仕立て方法で育てています。ここもビオディナミ農法採用。Catarattoは完成度が高くSlow wine🐌のマークももらってます。同じカタラット品種を使っているけれどマセレーションの段階で空気に触れるように造っている、よりオレンジ色のLuna Calanteも黄色い花や杏のようなきれいな香りのオレンジワインでした。

生産者→マルコさんご本人がいらっしゃってました。40歳以下の生産者参加イベントって書いてあったけど…どうみても初老の紳士(笑)

ヨーロッパのワイナリー

Pinot Noix – ☆星4.7  3ha

きたー!おいしいっ!!香りも味も「あぁーいいねー」と即座にきます。

芝生、ハーブ感、フルーツ感が合わさった複雑味と凝縮感。でも軽い。

ドイツのリースリングで有名なモーゼル地方で異端児ピノ・ネーロをフランスから苗持ってきてそれのみ栽培。ボトルも一本勝負。そして70ユーロって高いんだけど…美味しいの(涙)

残念ですが日本未入荷。どこかで見かけたら是非味見してみて下さい!

生産者→ダニエルさんご本人。ドイツ人らしく背が高い若目の紳士。しっかりした自分の信念を持ってる感じを受けました。

A5E083DD-05D4-4B72-BC76-B2B541588F94

David Moreau – ☆星4.2  5ha

ブルゴーニュ。小さい若い生産者。前はロマネコンティでも研修していたことがあるそうで、とてもきれいなワインを造ってます。

白のAligotèは8ヶ月シュールリー。Santenay Rouge Cuvée S 2015はブドウの茎も一緒に入れて発酵する全房発酵。すごくまろやかなピノ・ノワール。

BF891FDD-B172-49C6-B7C4-C7ABD5B858B6

Domaine Ragot☆星4.5  9ha

ブルゴーニュ。

Givrey Rouge 1er cru La grande Berge 2015とGivrey Rouge 1er cru La Clos Jus 2015は共にPinot Noir。違いはブドウが育ってる地質。Clos Jusの方が鉄分を含んだ土地でこちらの方がタンニンをより多く感じるワイン。ストレートに美味しい!

52BACEB7-47E8-43C5-90C1-8544A5EA1FDF

ちなみに今回の試飲会はチケット制で一グラス試飲の度にチケットを渡さなければいけないのですが、インターナショナルコナーで律儀に渡すのに比べ、イタリアコーナーでは誰もチケット出してない(笑)思い出して渡そうとすると「あら、いいのよ!もー私も忘れちゃうのよ〜」とかなり適当。みよっ!このイタリアの適当なお国柄を!✨

BC0148D8-AAA6-41ED-ACF7-A68887D56E74

ランキングに参加しています。
よかったら押して下さい♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください