黒いダイア!トリュフ様がやってきた〜事件

黒トリュフ狩り

一粒なので、そこまで大げさなタイトルにしなくてもいいかもしれないですが( ̄▽ ̄)

トリュフ一個丸々ってテンション上がりません?!

彼氏くんの働いているアグリツーリズム&ワイナリー「ファトリア・ラヴァッキオ」ではトリュフ狩り体験も行なっています。

トリュフ犬を伴ってプロの方と行くこのツアーの通訳に同行した彼氏くん、見つけたトリュフをおすそ分けしてもらったと朝、連絡が。

ヒャッホーウ〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

朝から頭は夜のトリュフごはんでいっぱい。

シンプル イズ ベスト!

とりあえずパスタ打って、休ませている間に卵のアンティパスト。

フランス料理の本に載ってるトロトロのスクランブルエッグ。

生クリームやクリームチーズを混ぜて湯煎で温めるのでとろんとろん♪

はい!そこに、いきますよ〜削りますよ〜

ガリガリっ!

うんうん、

いい香り!!!

断面はこんな感じ…

トリュフ断面

という写真を撮ろうとした瞬間

ぎゃぁぁぁぁぁぁっぁあああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

トリュフ様から白いうねうねが出てきた…😭

うねうね〜ポトっ。

って😱

img_4804

(白いのが茶色い模様の上にいるのが見えますか?)

手に持ってるものからウネウネ這い出てきたら人間は非常にびっくりするんですよっ!!

なに虫様か知らんけどやめてほしいわ。

あまりの叫び声に彼氏くんに「アパート中に響いたよ!」とオコラレマシタ(。-_-。)

トリュフの断面の写真を見たら出る直前の白い頭が見えてますね(まさに事件直前の写真)

とろんとろん卵の上に削られたトリュフ…

img_4816

「食べないなら俺が食べてあげようか〜」

「やだ食べる!!!」

いや、正直、ヘビやワニと虫ならどっち食べる?って言われたらヘビワニ食べます私。

ワニはオーストラリアやタイで食べたことあるし。

でも虫とドリアン(果物の王様)だけは無理。

うしっ!いざ、実食!( ̄^ ̄)ゞ

うん…美味しいぃ〜💦💦

一口一口確認しつつ食べるこのドキドキ感(笑)

サクサクした食感、口に広がる香り❤️

続いてタッリオリーニの手打ちパスタ、バターと卵黄のシンプルソース。

手打ちパスタ

もぉさ〜「トリュフ様を食べない」は選択肢にないけど…

ここまでくると白ウネウネ様のロシアンルーレット。

トリュフパスタ

じー…ಠ_ಠ

「大丈夫か?」

みたいな。

途中で嫌な考えが浮かびますよね、でも。

栗拾いとかどんぐりもそうだけど、奴らはタマゴ産み付けられてて…孵化して出てくるんだと…

(ウネウネなくても…タマゴ…喰ってない…かな…私)

って考えは途中で考えるのやめました( ̄▽ ̄)

たぶん大丈夫👌

そして香り堪能いたしました!

オマケですが、今夜のワインはこちら。

ペティ ルージュ

Petit Rougeペティ・ルージュ100%。

ヴァッレ・ダオスタ地方の土着品種で標高650〜800mのところで育てられているそう。

イメージとしてはボジョレーヌーヴォ方面の可愛らしいバラやスミレ、木苺、チェリーの匂い。

酸味がしっかりあります。

トリュフにはもうちょっ古いヴィンテージのキアンティなんて合わせたかったかな。

軽くて、女性向きなお味で美味しいです♪

 

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけたら
ランキングアップにつながります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください