イタリアのクリスマス定番「パネットーネ」手作り記

新年は明けてしまいましたが、クリスマスでは我が家で恒例のパネットーネ作りをしたのでその三日間の奮闘記&レシピをご紹介しようと思います。

ミラノが起源のパネットーネはパーネ(パン)+オーネ(大きい)の名前の通り750g〜1kgぐらいの大きなブリオッシュ生地のパン。クラシックなものは干しぶどうやオレンジピールが入っています。

パネットーネ

今は日本でも手に入ると聞きます。

クリスマス前にはスーパーでパネットーネと兄弟的な存在のパンドーロ(ヴェネツィア起源の星形で中がプレーン)の箱が山積みになり

「もうクリスマスの時期だ!」と季節を感じる商品です。

ちなみにお値段はスーパーのもので安ければ3〜4ユーロほど。お菓子職人のものならば20ユーロ以上はします。

彼氏くんはパン奉行。

「パンには男のロマンがある!」

というぐらい酵母で発酵させるものが大好きです。

そこで始まったパネットーネ作りですが、かかる労力というか時間がたまったものではないです(-_-)

レシピはイタリアでパネットーネ作りで有名なIginio Massari氏のレシピを拝借し毎年試行錯誤で私たち好みに改良しています。

パネットーネのレシピ

第一生地

天然酵母– 100 g
小麦粉(W350=長時間発酵するのに適したタイプ)– 400 g
砂糖 – 120 g
溶かしバター – 100 g
水 – 140 g
卵黄 – 120 g

第二生地

小麦粉 – 100 g
卵黄 – 130 g
砂糖 – 100 g
はちみつ – 25 g
バター – 150 g
塩– 8 g
水 – 70 g
レーズン – 200 g
オレンジピール – 150 g
バニラ(香りづけ) – 2,5 g
レモンの皮 – 2,5 g
オレンジの皮 – 2,5 g

中に入れる具は上記のようにレーズンがオーソドックスですが、私たちは100%カカオのチョコレート

そして手作りのオレンジピールを用意しました。

オレンジピールは白い部分を削らないように薄く剥いた皮を三日間水につけて(毎日水を変える)から砂糖とお鍋に入れます。

手順

①ポーリッシュ(スターター)の準備 : 水140g(理想24度)+小麦粉140g+天然酵母1gを混ぜ合わせ12時間待つ

② ①に小麦粉360g+砂糖 120 g+バター 100 g+卵黄 120 g+天然酵母99g(第一生地全ての材料)を入れて混ぜて捏ねる。

⭐︎コツはしつこく長めに捏ねること。手ごねでおよそ30分ほど、捏ね機で10分ほど。

⭐︎手捏ねの場合は、いっぺんに全てを混ぜ込んでしまうとベタベタしすぎて捏ねにくいので、バター、卵黄はしっかり捏ねた後に混ぜると良いです!

③ 蓋か濡れた布を被せて12時間待つ!とにかく待つ!

生地が大体3倍ぐらいに膨れたらいい感じにできてる証拠♪

④第二生地の材料を③に全部加えて混ぜ合わせる。

ここでは捏ねすぎず、混ぜ合わせるだけでOKです。

ここで…また、12時間待つ!

まだかな、膨らんだかな、膨らみすぎてないかな…と作っている数日は毎日気が気じゃないです(笑)

クラシックなレシピにはこの上にアーモンドと砂糖や卵白のコーティングをしますが私たちはプレーンにします。

型は紙の円形のものを購入してもいいのですが、我が家では円形のケーキ型にクッキングペーパーを使用しています。

23日にポーリッシュを仕込んでから型に入れる時点で25日午後に…そろそろお疲れですよ。

型をせっせと作成。

実は去年はこの型が弱かったため型に入れてから生地の再発酵をまっている間に…型から溶岩のように流れ出てきてしまったことがあります😱

デロンデロンに出てきてしまった…あぁ…と嘆いた記憶が。

ちなみに最後に膨らんだ生地がぷっしゅ〜〜〜💨っと凹んでしまい逆火山になってしまった一年目👇

数々の失敗があるため今年は色々学びを踏まえて最新の注意を払いながら作ります。

目指すはクリスマスの夜のデザートとしてダダーンと最後にテーブルに君臨すること!

さぁ、オーブンへ…

しまった、型紙に気合入れすぎて高くなってしまった(笑)

入らない( ´Д`)y

上部を切って修正。

オーブンでさらに5時間このまま待ちます。

(クリスマスの夜食べれるの?という疑問が湧き始めます)

始めケーキ型の八分目までだった生地が随分膨らみました。

200度で40分焼いた時点でまだ中まで焼けていないので追加で焼きました。

(ここは来年はもう少し低い温度で長く焼いた方が良かったかもと反省)

夜中に完成!!

が…几帳面な彼氏くん「焼いてから12時間は待たないとダメ」

( ̄◇ ̄;)

ということで、食べれたのは23日に作り始めてから結局26日の朝でした( ̄ー ̄ )

長く発酵したおかげでやっぱり生地自体の美味しさが格別です!

柑橘と独特のパネットーネの香りがたまりません(^^)

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけたら
ランキングアップにつながります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2件のコメント 追加

  1. おいしそうな、パネトーネ(^^♪
    でも、おっきですね~( ;∀;)

    いいね: 1人

    1. ありがとうございます♪
      この卵黄の数とバターから考えるとカロリーも高そうですよね(笑)

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください