パリへ!現代アート編 JR写真展

投稿日:

オルセー美術館閉館後、次の目的地は

European House of Photography

数年前からインスパイアされている若いアーティストがいます。

JRというフランス人。

帽子とサングラスが特徴。

Tedで始めて知り、カッコいい作品群とその深い意味のある活動に興味を持ち、ソーシャルでフォローしながらいつか彼の作品を見たいと思っていたのですが、偶然にもパリで今、期間限定の写真展示会が行われていました。

行かぬわけにはいきません!

行ってみたら…並んでる( ̄◇ ̄;)

オルセーでも並ばなかったのに、予想外の場所で並びました💦

「Women are Heros」

社会で大切な役割を担いながらも多くの場合、戦争、犯罪、暴力、レイプなどの対象になっている女性。

彼女たちの目を建物や電車の屋根に貼った作品。

訴えかける目。

このレプリカとでも言えばいいのでしょうか、パリのメトロで出会うことができました。

っっっっっっかっこいい!

ソーシャルのストーリーで彼がアップした数秒の映像があります。

ブラジルのとある街角に作られた素敵なお家。

天辺には三日月があり、壁は壁じゃないような不思議な形。

窓から中を覗くと子供達がボランティアのダンス教師の人からバレーを教わって飛び跳ねています。

無料で子供たちや貧しい人たちが文化に触れることができる、学べる場所。

すぐ外にはマシンガンを持った軍人のような格好の男の人が歩いています。

ヘンテコなお家はシュールなのに、壁には間違いない現実の銃弾の跡があります。

一度は真っ暗な映像だけで銃撃の音だけの映像もありました。

24時間で消える映像の中には地球の裏側にある間違いない現実が映っていました。

「JR!アートで世界を救うんだ!って言われたけど、アートで世界を救うなんて無理だよ」

Tedでそんなことを言っていたのが心に残ってます。

ミシュランの三つ星シェフ、マッシモ・ボットゥーラは2015年ミラノExpoの際あるプロジェクトを立ち上げました。

エキスポ内のレストランやお店から捨てられてしまう食材を集め、それらを一流のシェフたちが素敵な食事に作り変える。

パルミジャーノの皮部分やバナナがミネストローネに。カチカチパンはデザートやペスト・ジェノベーゼに♪

学校の子供たちや低所得者に無料提供されたこのプロジェクトは形を変えて今パリで行われています。

JRとマッシモ・ボットゥーラのコラボレーションで作られた教会の一部を作り変えたレストラン。

ボランティアのサービスやキッチンスタッフで構成されたこの場所では毎晩日々の生活に困っている人々に食事を提供しているのです。

コンタクトしたのですが見学は不可。

サービスとしてボランティアするのは?と思ったのですが、残念ながら何ヶ月先までそれも予約でいっぱいでした。

パリの街でガチのホームレスを多々見かけました。

慈善活動の人たちが寒いパリの夜の街で暖かい食事を並ぶホームレスの人たちに配ってる姿も見かけました。

現実に密着した活動。

彼のコミュニケーション手段はアート。

パリの展覧会で多くの人が訪れていること。そしてみんなの真剣な眼差しがどれだけ波紋を呼んでいるか知ることが出来き良い体験になりました。

余談ですが、今パリで行われているデモ。

かち合わないように凱旋門周辺は避けていたのですが、まさかのルーヴル美術館横で警察部隊に鉢合わせました(^_^;)

始まってはなかったですが、ものすごい数の警察、サイレン、物々しい雰囲気。

でも警察の一人にちゃっかり「英語喋れますか?」と道を聞きました( ̄∇ ̄)

「何か起こるの?」と聞くと「デモが今から…」と返事。

「いつものやつね?」

「そう!いつものやつ💦」

「グッドラック 👍🏻」

「メルシーマダム(^^)」

優しい警察さん、お仕事とはいえ大変ですね。彼自身の意見はどんなものなのでしょう。

さて、展覧会の後、ワインと食を求めて移動!

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけたら
ランキングアップにつながります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

2件のコメント 追加

  1. JR写真展…電車の写真店かと思ってしまいました…(←無知すぎ(^^;)
    大人気なんですね。すごい行列”(-“”-)”
    メトロの目の写真、迫力ありますね。
    アートや料理で世界が救われるといいですね…。
    パリのデモ、遭遇したようで、大変でしたね。
    怪我がなくてなによりでした(^.^)

    いいね: 1人

    1. いえいえ、タイトル見るとそう思っちゃうのでは?と心配しながら書きました(笑)
      まさかこんなに人気があるとは本当にびっくりでした。
      デモ、焦りました(笑)
      さすがに「アジア系女子一人」という風貌は隠せないので、海外では気をつけないとですよね。
      でも、やっぱり旅っていいです!
      アートや料理は心を豊かにしてくれるから、ちゃんと日常の中で見失いそうなものをこういうところで確認しときたいです(^^)

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください