バルセロナへ行こうっ!と思ったら…ナポリ観光?!

新年が開けてバルセロナへ3日間いく計画を5ヶ月も前からしていた私達。

朝4時半起きでフィレンツェ飛行場へ向かいワクワクしてボーディングゲートで待っていると遅延…遅延…

するとアナウンスで

「皆様にお知らせ致します、バルセロナ行きの便はキャンセルになりました」

キャンセル❓

キャンセルってイッタヨ?

人生初…フライトキャンセル笑

いやマジ?笑

お昼のパエリヤを食べようと思っていた場所から午後のワイナリー訪問まで全部お先真っ暗。

この三日間のためにどれだけ苦労して仕事や他の都合を調節し綿密に行きたい場所をパズルのようのはめたことか…とかなりショック。

で、スマホから自分のフライト予約をチェックするとなぜかナポリからバリセロナ行きの便に振替になってます。

しかも朝10時半にはバルセロナについてるはずがこれだと夜中の12時着、1日消えます。

訳がわからないまま一旦戻されたチェックインカウンターで他の人の状況を聞き耳しているとどうやらフィレンツェから近くの空港ピサやボローニャは全ていっぱいで全員ローマやヴェネツィア、そしてナポリ発に振り分けられた様子。

三日のうち二日間は絶対捨てない‼️

よし、いったろうじゃないのナポリ!

とその場で電車時間を調べてフォレンツ中央駅へ戻りそこから10分後に出発するナポリ行きへホップオン!

約4時間の移動。

バルセロナ観光の予定1日目。

ナポリで生ヴォンゴレ、生ムール貝、生牡蠣にありつきました笑

食べれなかったパエリヤの代わりにガッツリ魚介を堪能すべく続いて小さなタコをオリーブとカッペリと煮込んだPolipi alla Luciana

そしてリングイネ・アル・カルトッチョ

リングイネパスタと魚介がアルミに包まれている海辺の料理

最後は白身魚を揚げてからトマト風のソースで絡めたStocco con capperi e olive.

火の通り具合いが良くて半生のような食感なのに周りはカリカリ、ソースがまた美味しい!

ナポリなまりのスタッフに囲まれて異国感たっぷしです。

暗くなりかけたのですが、一度見たいと思っていたサンタ・キアラ教会の中庭、「クラリスの中庭」を見学。

Monastero di Santa Chiara

http://www.monasterodisantachiara.it/english/

49/c, Via Santa Chiara, 49/C, 80134 Napoli

1739年に当時の芸術家Domenico Antonio Vaccaroによって作られました。第二次世界大戦の時の爆撃で大きなダメージを受け修復が入っているようですがマヨリカ焼で装飾された中庭がとても綺麗なのでオススメです。

そして空港行きのバスに乗る前、スフォッリャテッレリッチという貝殻の形をしたナポリ名物お菓子の老舗2店周り!

スフォッリャテッレリッチは他の町でも見かけますがナポリの本場物はサイズがおっきい!笑

そしてオリジナルの中身はセモリナ粉とリコッタを使ったクリームです。

フィレンツェではカスタードクリーム入りなので「私が求めているのはこれじゃないっ!」と残念になります。

17年前、一人でナポリに来たことがあります。

交通量が激しくて道は渡れないし、雑然とした雰囲気がアジア人の若い女の子が一人歩くにはあまり安全に見えなかった初めてのナポリ。

その時、うろうろしていて小さなショーケースの前に並んでる人の列を見て「美味しいところだきっと!」と小さいサイズのスフォッリャテッレリッチとババを買って帰りの電車に乗って食べたのです。

ビックリするほど美味しくてもっと買えばよかったとすごく後悔しました。

「また来たら食べよう!」と思って17年過ぎたのです。

Sfogliatella Mary

Galleria Umberto I, 66, 80132 Napoli NA

このショーケースのみで、これが本店です笑

レジで払ってから商品を受けといます。

そのままガレリア・ウンベルト一世の中で立ち食い。

まだあったかい外側はパリパリ、中身のクリームはセモリナ粉の風味と少し入っているオレンジピールの香りがフワッと広がります。

ババもしっかりラムの香りが。

美味しい‼️

思い出の味は裏切られることはなかったです。

もう一店舗はこのSfogliatelle Maryから歩いて数分の近距離にある

Pintauro

Via Toledo, 275, 80132 Napoli NA

初めてスフォッリャテッレが作られたのはアマルフィの修道女院サンタローザ、施しに配られていたそうです。

それから150年経って門外不出だったこの修道院のレシピを手に入れたナポリでオステリアを営んでいたピンタウロが今の貝殻型に改良し売り始めたそうです。そのピンタウロから代々受け継がれているお店がここ。

お店の壁には

「1785年、この場所でスフォッリャテッレは生まれた」

と誇らしげに書かれています。

ここもかなりの行列。

頑張ってレジでまず支払い、受け取ります。

スフォッリャテッレには2種類あり、一つは貝殻型、もう一つはスフォッリャテッレフロッラというビスケットの生地のようなものに包まれている丸いもの。

両方オーダー。

この後急いで向かったナポリ空港から無事飛び立ち、バルセロナの空港から移動する中の地下鉄で食べたスフォッリャテッレリッチは冷めていたけどとても美味しかったです。

皮がこちらの方が薄く、中のクリームの風味がアーモンドに似た風味にも感じます。

結果…どっちもやっぱり美味しいです!

夜中3時。

明日起きたらバルセロナの町が待ってるワクワク感で眠りにつきました。

ランキングに参加しています。
よかったら押して下さい♪

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけたら
ランキングアップにつながります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

18件のコメント 追加

  1. lealeabin より:

    お疲れ様でした❗️思わぬナポリ観光でしたね。ナポリの街懐かしいです♪娘がもう少し大きくなったら一緒にヨーロッパ行こうと思います?

    いいね: 1人

    1. ありがとうございます!キャーキャー楽しみましたが実はめっちゃ疲れました笑
      でもせっかくの機会なので楽しまないと損!と思って。
      ナポリ行かれたことあるんですね!
      島とかも回られたのでしょうか?
      ヨーロッパきっとお子さんにも素敵な体験になりますね!是非フィレンツェにも足伸ばしてください♪

      いいね: 1人

  2. lealeabin より:

    カプリ島行きましたよ❗️青の洞窟もちろん。神秘的でした。イタリア🇮🇹行くときは必ずフィレンツェは滞在してますよ。イタリア🇮🇹で一番好きな街です。新婚旅行もフィレンツェ厚めに滞在して、イタリア各地に回りましたよ♪

    いいね: 1人

    1. 新婚旅行イタリアだったんですね!
      フィレンツェ厚め(笑)
      いいですね〜どんなところ行かれたんでしょう〜
      カプリ島私も行きました!春で季節が良かったのでナポリとの対比もありいい思い出です。
      旅行は感動が多くて世界観も広がるので大好きです!

      いいね: 1人

      1. lealeabin より:

        はい、イタリア🇮🇹でした。ミラノ1日〜ベネチア1日〜フィレンツェ3日〜ナポリ、カプリ島2日〜アマルフィ1日〜ローマ2日で帰国でした。懐かしいです!

        いいね: 1人

      2. アマルフィは行ったことないです!!
        行ってみたいと思いつつ、他にも行きたいところがありすぎてまだ行けてません笑
        海辺の町っていいですよね♪👏🏻👏🏻👏🏻

        いいね: 1人

      3. lealeabin より:

        私もイタリア🇮🇹のクロアチア🇭🇷寄りの方にはまだ行ったことがないのでそちらのほうには行ってみたいですね。イタリア🇮🇹のこと色々教えてくださいね❗️

        いいね: 1人

  3. あらら…、大変でしたね…”(-“”-)”
    でも、気持ちを切り替え、ナポリでおいしいものを食べていらっしゃる、さすがです(^.^)
    写真を見ているだけでも、美味しさが伝わります!食べたい!!
    トスカーナってお肉っていうイメージだから(私だけ?)ナポリは港町で魚介類が豊富でいいですね(*^^)v
    そして、17年越しの思い、叶ってよかったですね(^_-)-☆
    私もナポリには1週間ぐらい滞在してましたが、ホントに綺麗な街でしたね~。
    8月だったので、激暑でしたが…”(-“”-)”
    魚介類はもちろん、マルゲリータにも感動したものでした。
    あ~また行きたいな~(#^^#)

    いいね: 1人

    1. 私もトスカーナはお肉なイメージです〜
      だから余計に魚介への憧れがあるんですよね笑
      ナポリに一週間って結構長い?ですよね?!きっといろいろ見て回られたんでしょうね〜
      ナポリに2回も行っときながらなんと未だナポリの本場ピザ食べてないんです(^◇^;)
      次回はピザ食べなきゃ!

      いいね: 1人

      1. ポンペイやカプリには行きましたが、あとは街をふらふらと…(^^ゞ
        職場の同僚4人と行ったので、飲んで食べて、ほとんど酔っぱらってました(^^;
        その後、ローマに2週間いましたが、観光するのは1日1か所ぐらいで、食べて、飲んで、また飲んでって感じで、結局ずっと酔っぱらってました(-_-;)
        でも、日に日にお店が夏休みに入っていってしまって、ちょっと寂しい思いもしました”(-“”-)”
        ナポリ、フィレンツェから近いから、また近いうちに機会がありますよ。
        私は旅は何かやり残したことがあった方が、次また行きたいっていう原動力になるから!って思ってます(*^^)v

        いいね: 1人

      2. いいですねその旅行(爆)
        すごく楽しそうです(≧∀≦)
        旅の醍醐味に食は欠かせませんものね❗️
        ローマ二週間もまたすごいですね〜
        正直ローマは大使館行くついで観光しか行ってなくて主に大好きなミケランジェロ とカラヴァッジョだけみて終わってます💦
        フィレンツェも夏は確かに現地人が消えて観光客にすり替わりますね〜
        やり残した方が次にまた!って素敵な考え方ですね♪
        このあと実は災難続いたんです…散弾銃の大吉当たったのに(^^;;
        フライトキャンセル翌日、レンタカーでぶつけられ事故に遭いまして笑
        もう笑うしかないですね( ̄∀ ̄)

        いいね: 1人

      3. 楽しいですよ~(#^^#)
        気心知れてるメンバーで、お互いに言いたい放題するので、一緒に旅行しても同じ部屋でもストレスが溜まりません(*^^)v
        基本、そのメンバーだと飲んで食べてまた飲んでって感じです(^^;
        みんな食いしん坊なんです(-_-;)

        夏は現地の人はいないですよね~。
        夏にパリに行った時も(またそのメンバーで飲んで食べて…(^^ゞ)街を歩く人はほとんどイタリア人だったように思います(^.^)
        でも、年末だと現地の人がいるような気がするので、やはりお正月休みっていうのは、日本だけなんでしょうね。

        やり残した方が…。はい、大体、帰国してから、あ~あれやり忘れた~”(-“”-)”って思うことが多くて。最初のうちは、二度と行けないかもしれないのに…、と落ち込むことが多かったのですが、その後、行く機会がいろいろあったりして、次に行った時に!って強く思ったら行けるんだ~って感じて、今はそう願ってます(^_-)-☆

        えぇ~、レンタカーでぶつけられ…(@_@)
        う~ん、やっぱり大当たりなんですね(*_*;

        いいね: 1人

      4. いいですねー食いしん坊さんメンバー
        (=´∀`)人(´∀`=)
        なんかわかります、日本にいるのでなかなか会えないですが友達で食いしん坊トリオがいます。
        アリは食べ物としてオッケーか味はゴマだったとかそんな話してました笑

        確かにロンドン行ってもパリ行ってもプロヴァンスでもスペインでも結構イタリア語が聞こえてきて折角国外にいるのに地元感がたまに出てくるんですよね。
        どこにでもいるなイタリア人笑

        今年は出だしから大当たりなんで🎯この先大丈夫かな〜( ̄▽ ̄)

        いいね: 1人

      5. 食いしん坊トリオ、いいですね~(^.^)
        しかしアリ!!(゚д゚)!
        ありは食べたことないなぁ…。確かsmapの香取慎吾が「甘い」みたいに言ってたような…。
        子どもの時、つつじの蜜は吸いましたけどね~。(話ずれてる??)

        イタリア人は友好的なんですよ~、きっと。
        パリのセーヌ川クルーズ&ムーランルージュのツアーでたまたま一緒になったイタリア人家族がすっごく陽気な人達で、なぜか私達にすごく話かけてきて(もちろんイタリア語)。私達はイタリア語が分からないのですが、なんか一緒にいるうちに、何言ってるかわかるような気になってきて、楽しかったですね~。私達がはぐれちゃうと探してくれたりして。優しいですよね、イタリア人は(^^)/
        私だったらイタリア語が聞こえても外国にいるって思えるけど、naturalwinetuscanyさんだといつもと同じになっちゃいますね(^^;

        いえいえ、きっともう厄払いですよ~(^_-)-☆

        いいね: 1人

      6. つつじの蜜なんかわかります〜彼氏くんがたまに赤ワインにあの味がするとか言ってます笑

        しかしまた随分距離感が近いイタリア人に気に入られたんですね笑
        私らの間では「シチリア人は距離感が近い」話してる時の顔の位置とか南は近いとか言ってます(´-ω-`)
        なんかいい思い出ですねー♪

        厄払いと言ってもらえるとそんな気がしてきました(^◇^;)
        ありがとうございますp(^_^)q

        いいね: 1人

      7. つつじの蜜がワインの味!(゚д゚)!
        さすがに大人になってからは食べたことないけど、今食べたらそうなのかな?(^^ゞ

        シチリア人をそうやって見分けるのですか!
        私にはイタリア人はすべて近いように思えてしまう…(^^;
        ナポリからカプリ島に行く船のカフェの店員さんがやたらと話しかけてきて、頼んでもいないのにカプチーノとか持ってきて、ちょっとしつこくて段々面倒になってた時、頭を触られて「No!」って言ったら、「ごめん」みたいな感じで戻っていきましたけど、よく考えれば、ナポリも南の人ですね。逆にミラノだと都会だからかクールな感じ。顔立ちも違うし。
        南は近すぎるし、北はちょっと冷たい感じ?足して2で割ったらちょうどいいかな?あくまで私の意見ですが…(-_-;)

        はい、もう厄払いが終わったので、今年はハッピーですよ(^_-)-☆

        いいね: 1人

      8. つつじの蜜の味というか香りでしょうか…イチゴの香りとかすももの香りとか胡椒の香りとかいろいろ混ざってるのを探すワインを飲んでる時の私達の遊びです笑

        フェリーのイタリア人の話笑っちゃいました笑笑
        頭触るとか!しかもノー言われてスゴスゴ笑
        日本人はノーってあまり言わないって海外で言われますけど大事ですよね!👏🏻

        たぶん私も近さとかイタリア人化してるんだろうなぁ(¬_¬)

        今年も美味しい生活を送ることを誓います!( ̄^ ̄)ゞ

        いいね: 1人

      9. つつじの蜜がそんな大人の遊びになるとは~!(゚д゚)!
        でも、なんだか面白そう!!

        確かに日本人はノーと言わないって言われますね。
        イタリア人てノーと言わなければOKなんでしたっけ?だからノーというまでは寄ってくるけど、言えば、その後は去っていく。あっさりしてるけど、しつこい日本人とは違う良さというか(^^; 確か女性の機嫌を取らなきゃいけない文化だって、誰かがそう言ってたような…。
        違ってたら、ごめんなさい🙇

        住んでると、女性はその土地に同化するっていいますからね~。
        方言とかそうですよね?女性は訛りがとれたり、逆に訛ったりするけど、男性は変わらない。
        順応反応に長けてるみたいで、だから女が嫁に行くのだ、と親が言ってました。本当かどうかはわかりませんが…(^^ゞ

        ぜひ、美味しい生活、送ってください。
        私はその記事を読みながら、ワインを飲みます(^_-)-☆

        いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください